福岡アルミ工業株式会社公式サイト

福岡アルミ工業株式会社 公式サイト   製品紹介(アルミニウム合金地金)

トップ > 製品紹介(アルミニウム合金地金)

アルミニウム二次地金

 製鋼用脱酸材、ベースメタル等アルミニウム新地金やスクラップの再溶解のみで合金作業を行わない『アルミニウム二次地金』を製造しています。脱酸材とは製鋼時に溶鋼の中の酸素を除去する為に使用される地金です。弊社ではショット状、1kg塊、5kg塊と様々な形状で、取り扱っております。

アルミニウム二次合金地金

鋳物・ダイカスト・展伸用など、様々な用途別に高品質な二次合金地金を供給

 アルミニウムはいろいろな金属元素を添加することで驚くほど多彩な特徴をもった素材へと変化します。当社が製造する「アルミニウム二次合金地金』は、アルミニウム地金といろいろなスクラップを主原料にケイ素、銅、その他の金属を規格に定められた化学成分範囲に配合添加し、鋳塊したものです。自動車や家電部品などの鋳物・ダイカスト用、アルミサッシ・アルミ缶・鉄道車両部材などの展伸用、その他の用途に応じて、成分配合は元より、不純物についても製品規格に基づく厳密な品質管理を行っています。

アルミニウム母合金地金

高度な技術・品質管理のもとで、多彩な母合金地金を製造

 アルミニウム合金は添加元素の種類、含有量によって機械的性質、耐食性、鋳造性等が変化します。例えば、アルミ缶用の板には、より薄く伸ばすための展伸性が求められ、また一定以上の強さも必要です。そうしたアルミニウム合金の特性を得るのに必要なのが、マンガンやマグネシウムなどの添加金属です。しかし、これらの金属の多くは、単独では融点が高いなどの使いにくい理由があります。 『アルミニウム母合金地金』とは、アルミニウムと単一元素を高濃度で合金化させた鋳塊です。あらかじめ合金化することで融点が下がり添加温度をより低くでき、安定した化学成分調整が可能となります。母合金製造には、最高1400℃という高温領域で微量な元素を厳密に調整する技術、また比重の違う金属の偏析をなくすといった高度な品質管理が要求されます。当社では、蓄積した技術力をもとに各種母合金を製造し、お客様のニーズにお応えしています。

>>その他製品へ

スラブ・ビレット

溶湯清浄装置「静波」

アルミニウム合金地金photo
リンクサイトマップアクセス個人情報保護方針